簡単❗️糖質制限 其の1

コチラの画像をクリックして頂くとYouTube動画で確認できます。

今回は糖質制限による

ダイエットのまとめです。

運動をする時間が毎日取れない、

ストイックな運動を継続して続けられない、

好きなものを食べるのを我慢出来ない、

小腹が空いたときについつい食べたくなる、

そんな方でも糖質制限ダイエットは

日々無理なく落としていきます。

糖質の摂取量さえ理解してコントロールすれば、

自分独自のマイルールでストレスなくダイエットに取り組むことができます。さらに糖質さえ制限すれば面倒なカロリー計算をしなくても済むので実行しやすいのです。

だいくんの糖質制限ダイエットということで

ダイザップですね ( ≧ᗜ≦)੭ु⁾⁾バンバン

確かライザップは糖質制限プラス運動ですよね?

でもご安心ください。ダイザップは痩せるために  激しい運動をするということはありません。

実際にたった半年間でしたがジムに通っても効果が見られなかった僕がたった1ヶ月で運動無しで

13キロ体重を落としています。

ただし、誰でも同じようにやせることができるのではなく、効果は人それぞれだと思います。ダイエットに取り組んだときに効果が大きい人とあまり効果の無い人がいますよね。

その違いは何か??

それは太った原因や生活リズムにあると考えます。

例えば、元々糖質を摂取していない方が糖質制限をしても効果は薄いですし、逆に糖質を沢山摂取していた方は、効果が大きいはずです。僕はもちろん後者です。糖質制限の本質を聞いたときに、自分自身が今まで糖質を必要以上に取っていたとわかったので効果がかなり期待できると思ったので始めました。

それでは、何故、糖質制限ダイエットは効果的なのか?

その仕組み、糖質制限の本質についてふれておきます。

ここからはイメージしやすい表現で説明しています。厳密にいうと言葉の意味がズレていることもあると思いますがそこはお許しください。

人間の身体を動かすのにエネルギーが使われています。だからエネルギーの元となるカロリーの摂取量を減らせば脂肪が燃焼されて痩せられるとされてきました。

しかし、エネルギーとしてカロリーが使用されるより先に糖分が優先的に使用されるんです。だから、カロリーを抑えても、糖分を摂取しているとカロリーの摂取量が少なくてもそのカロリーは消化されずストックされる、つまり、全て脂肪になります。

もう少し掘り下げて、糖質制限ダイエットによる大きな効果としては考えられる論理的な現象を二つ挙げておきます。

一つ目は、基本的に、体内にある糖が足りなくなると、中性脂肪がエネルギー源として利用されるということです。だから、糖質が少ないと体内に蓄積されていた中性脂肪が直接的に分解されるので、結果的に脂肪の燃焼されるので、痩せることができます。逆に言うと糖質制限することで、エネルギーとして使われることなく余ってしまった糖質が、脂肪として体内に蓄積されるのを防ぐことができるのです。

二つ目は、糖質制限をすると血糖値の上昇が抑えられます。血糖値が上昇すると正常を保つため、比例してホルモン「インスリン」が分泌されます。このインスリンには「糖質(ブドウ糖)を脂肪に変えて溜める」働きがあるため、過剰に分泌されれば脂肪がつく原因になってしまいます。だから、糖質制限することで血糖値の上昇を防ぎ、インスリンの分泌量を抑えると結果として太りにくくなるというわけです。

次回は、糖質制限のメリット、効果です!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする