簡単❗️糖質制限 其の5

コチラの画像をクリックして頂くとYouTube動画で確認できます。

糖質制限ダイエット 5では
主食のお肉料理についてまとめました。

糖質制限ダイエット其の1でもお話ししましたが、太る原因がカロリーの摂取量という常識とは全く間違う考え方です。だから従来のカロリーを制限するダイエットとは違って、キチンと糖質のことを理解すればカロリーの高い食品をクチにすることができます。この糖質のことを理解して生活することが最も重要です。

例えば、AKBの指原さんがお肉を、思いっきり頬張りながら
「その糖はやがてあなたの 脂肪に変わります。」
というアナウンスが入るテレビCMがありますが焼肉を食べてると脂肪が溜まるみたいに見えますが、お肉自体は糖質がめっちゃ低いんですよ。

糖質制限で肉は基本食べても大丈夫なんです。

肉はカロリーが高い、食べるのなら脂身が少ない部位や鳥肉のササミなどにするという考えは今までのカロリー式ダイエットです。
糖質制限ダイエットでは肉は二重丸なんです。

それでは代表的なお肉の
糖質量を挙げてみます。

肩ロースは100グラムあたり 0.2g
リブロースは100グラムあたり 0.2g
サーロインは100グラムあたり 0.4g
バラ肉は100グラムあたり 0.1g
モモ肉は100グラムあたり 0.6g
ヒレ肉は100グラムあたり 0.3g
カルビは100グラムあたり 0.1g
タンは100グラムあたり 0.2g
ハラミは100グラムあたり 0.3g
レバーは100グラムあたり 3.7g

このように1番多いレバーでさえ、100gで3.7g程度しか糖質を含んでいません。だから基本、お肉は糖質を気にせずに食べることができます。
ただし、焼き肉を食べる場合は肉のつけダレには、要注意です。
種類での違いはありますが、焼き肉のタレは、大さじ1杯で5.9gも糖質量があるんです。何度もつぎ足して食べていると、とんでもない糖質量になります。レモン汁やポン酢などがオススメです。また、自宅でするのであれば、糖質制限用のつけダレなども有効ですね。焼肉ダレを豪快につけたい気持ちはわかりますが、焼肉ダレをやや控えめにして、食べたい肉を食べた方が満足すると思いますよ。焼き鳥の場合でも同様で、タレより塩がオススメです。

ちなみによく似た傾向として、みんな大好きハンバーグがあります。実は、お肉が低糖質で糖質制限ダイエットに最適ですが、ハンバーグはつなぎに使用するパン粉が原因でハンバーグ 100グラムあたり糖質量は12gとお肉料理としてはやや高め。1日の糖質量でコントロールすれば糖質制限ダイエット中でも食べることが出来ます。危険なのは付け合わせです。お茶碗軽く1杯(150グラム)の白ご飯の糖質は約56グラムなのに対して、フライドポテト・ポテトフライの糖質量は、100グラムあたり29.3グラムです。この付け合わせがブロッコリーになると100グラムあたり0.8gと少なく、そのうえ、脂肪燃焼効果やデトックス効果もあるので最適です。なので、ハンバーグを食べるときは、付け合わせやソースの種類にも気を遣いましょう。
いきなりステーキさんで普通に注文すると、ポテトが付け合わせで出てきます。実はいきなりステーキさんでは付け合わせをブロッコリーに変更することができます。糖質を下げる場合は、ブロッコリーに変更することをオススメします。
どうするかというと注文時に『チェンブロ』と言って下さい。そーするとブロッコリーにチェンジしてくれます。そうです。『チェンブロ』とは『チェンジ、ブロッコリー』の略です。

それではお待たせしました。
今回の有料級
究極奥義をお伝えします。

糖質制限で厳しいことのひとつに
うどん、蕎麦、ラーメン、パスタなど
麺類が食べられないということが
ひとつ挙げられます。

麺類が食べられない糖質制限の究極奥義❗️

それは、『糖質ゼロ麺』です。
糖質ゼロ麺は糖質制限ダイエットには
欠かせないアイテムです。
普通の麺より少し割高ですが
食感も味も見た目もゼロ麺かどうか
確認しないとわからないほどです。
一度お試しください❗️

次回は、紅茶の効果についてです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする