簡単❗️糖質制限 其の8

コチラの画像をクリックして頂くとYouTube動画で確認できます。

糖質制限ダイエット 其の8では結果を出すために

最も重要とも言える考え方、マインド其の2です。これも理解して、実行すれば、さらに簡単に成功出来ます。

まずは目標を設定する。これをしましょう。

目標設定 ◯キロ落とす、◯キロになるなど、数値化した達成基準を設定しましょう。

目標を設定したら、次に期限です。いつまでに達成するのか、成し遂げるのか。これは、2段階に分けても構いません。

目標は高く持つ方がいいのですが、あまり遠すぎると少し行き詰まった程度で諦めてしまいます。

なので、最終の高い目標と直近の目標と2段階で設定すると気持ちもかなり楽になります。

例えば、最終目標は10キロ痩せるということにしたとして、10キロは半年後、11月1日を期限とする。

目先の目標として、1ヶ月後、6月1日までに4キロを落とすという風に期限を2段階で決めます。

目標と期限を設定すれば、次は具体的にどのように進めていくのかです。今回は糖質制限ダイエットなので決まってます。

その後は日々体重計で測って、何をどれだけ食べて、どのように変化したかの数値化したもので見える化して、進捗を日々確認しながら、マイルールで無理なくコントロールして下さい。

そして、最後に、目標達成したゴールをイメージしておきましょう。目標達成したらどうなるのかその数値を達成したときに何が待っているのか、成功報酬を出来るだけ明確にイメージすることが重要です。

例えば、収入を増やしたいとアバウトな目標よりも月収をプラス3万という風に具体的に設定してその増えた3万円で毎月旅行するなど、明確なゴールイメージした方が脳はそれを達成しようと考えるんです。

ポジティブシンキングも大事です。『白ご飯を1食小さなお茶碗一杯しか食べられない』ではなく、『糖質制限ダイエット中なのに白ご飯をお茶碗一杯も食べていいんだぁ』という考え方ですよね。

考え方の変換ということではなく、実際、カロリー計算でのダイエットとか糖質抜きといって夜は白ご飯食べないとかをやってみてください。制限が多くて結構ガマンしなければならないことがあるのに、効果はほとんど得られません。そういう今までのダイエットに比べて、この糖質制限ダイエットは、前回お話ししましたケトン体になってしまえば、基本、選択するときに糖質の低いものを選ぶ程度で、ほとんど普通の食生活でも結果がでます。

こんなに自由な食生活で、ダイエット効果を持続できる糖質制限ダイエットは本当に素晴らしいです。

それではお待たせしました。

今回の有料級

究極奥義をお伝えします。

この『簡単❗️糖質制限ダイエット』シリーズも

今回、其の8になります。つまり、糖質制限ダイエットを聞き始めと同時にスタートしている方はちょうど1週間経っていることになります。

しかし、あまり効果を感じられないという方、必見です。

今回は、糖質制限ダイエットのチェックポイントです。今回のチェックポイントがキチンと出来てるか、自分自身、確認してみて下さい。出来ていない方は今日から、そこを改善すれば、結果が出ます。

其の1 

しっかり食品別糖質量の少ないものを食べていますか?

 糖質量が低いだろうと間違いやすいものは、野菜、練り物、調味料ですね。もう一度、食品別糖質量を確認して下さい。

其の2

糖質量が少ないからと言って食べ過ぎていませんか?

お肉、魚、野菜は気にせず食べるにも限度があります。1度カロリー計算をしてみて、どの程度のカロリーを摂取しているか確認してみて下さい。標準だと1日大体2500カロリーですから、毎日お腹いっぱいまで食べ続けて3500カロリーとか摂取しているとさすがに体重は減らないです。

其の3

筋肉の量が普通より落ちる、少なくないですか?

脂肪燃焼モードに入っていても筋肉量が極端に低いと日常的に脂肪を燃焼量、いわゆる基礎代謝が

低すぎると燃焼量が少なくなります。極端に少ないと感じる人は適度な運動で少しでも身体を鍛えて筋肉量を増やしましょう。

其の4

糖質制限の量が緩い、設定が甘すぎていませんか?

例えば、白ご飯は1日2杯と決めていても小さなお茶碗に一杯だと120~150gですが、大きめのお茶碗だと200g近くになります。また、マイルールで調整できるとも言いましたが、糖質制限解禁日の回数が多いとかだとやはり効果は薄くなります。解禁日が適切な回数なのか確認しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする